No photo No Life!

行ってみたり、作ってみたり、買ってみたりあれこれ。

人間こだわるとロクなことがないがこだわるからこそ"自分だけは"楽しいのである。

こちらではずいぶんお久しぶりです。
相変わらず、旅をしております。GWは京都に大阪に愛知、最近も奈良だの鎌倉だのあちこち行っておりました。

ここのところ仕事がガラッと変わって毎日理化学的な事をやっているので休みには自然に触れたいのですよ。奈良行った時、明日香村に行ったんですけども野生に帰ってしまうかと思ったくらい周りが緑で、たまにはこういうとこに行ってのんびり過ごしたいものだなーとか思ったんですけどもね、なかなかそう長い休みは取れない身分なので(笑)のんびりっていうより走り抜けるような旅を毎度しております。

こんばんは!あめりです。
HN変えてもやっぱりみんな会うとあめりさんってよぶので(笑)No photo〜は、あめりで継続しときます。


さて、表題。
最近めちゃくちゃ思う事なのである。
作品作りに関しても、ブログに関してもである。
ずいぶん前からもう1つのブログをメインに切り替えましたが、もう長い事ブログをやっているけれど....リアログ、livedoorblog、ヤプログ、アメブロ、Jugemときてはてなブログに落ち着いて、最初のうちはこちらだけで主に日常や作品作りしてたよ!とかそういう記事を雑多に書いていましたがいつしか旅を趣味にするようになってから旅のブログをメインにやるようになって、段々こだわるようになってきた。

これは作品作りも同じくで、1つのことをずっと一定にやっているとわたしは飽きが来るんだ。

ここをこうやって書こう。なんか、こう書いてると他の人と被るから別の方向性でわたしはこっちを強くおしていこう。でも、ある意味人は上から目線で書くとカチンと来るものだから私は道化を交えていこう。

観光先の看板はかなり簡潔に述べられていてわかりやすいんだけど、私はこのもっと深いところを知りたいんだ。じゃあ、深いところは調べ上げよう。でも、ネットでちょろっと調べるのは嫌だ。足で調べて本でも調べる。

なんやかんやで調べたい事はみんな本を買い漁るようになって、気づけば京都だけで50冊を超える始末(笑)

いったい何目指してんだといったところだけど、まぁ、本人は楽しいのです。難産だけども....ただ、結構時間かけずにさらーっと書いちゃったものほど読まれて、結構計算し尽くしてかなり時間かけて書いたものほどさほど反応はないというもので.....


悩みはつきものだよね。
そんな事してたら日常的なブログどうやって書いてたんだっけ?とかわからなくなりどうしたもんかとまた悩む。


作品も意外とそうなんだよね(笑)
考え抜いて作り上げたものほど受け入れられなくてサラッと描いたものほど割とあれっ?みたいな感じで。

こだわるとロクな事ないねぇ....なんて思ったこの頃である。

今後の活動におきましてのご報告。


さてはて、昨年の体調崩していたことに続き今年は色々なことが度重なり意欲がなかなか出てこないというスランプ期に陥っておりましたが、やっとこさ来月から色々な事を始める事にいたします。


それに伴い、雨李名義のTwitter、facebook、facebookページ、pixiv、tumblrを撤退することにしました。noteに関しては継続予定です(作品置き場となるので二次的なものも組み込まれるかもしれません。)

理由はいろいろありますけど、ほんと今まで積み重ねてきたもの崩す形になるというかされたというか恨み辛みが結構積もっていますけども、そこで腐ったら意味無いんでね、


山あり谷ありってもんですよ!
気分転換で旅行にもいろいろ行ってきましたし再出発ですよー!!


新名義につきましては、来年頭に何処かでご報告出来たらと。

こちらのブログではご報告はしませんが
創作関連は、noteで色々とまとめていきたく思います。

ブログとしての今後は、戯言日記的な感じでこちらは使っていきます。



ではまた!

ノートはやはり浮気症になることが多いわけで

先日、今年1月から開始した旅ノートが一冊埋まりました。

いやはや、たくさん旅をしたなと。
前半は、色々と切り貼りしていたんですがだんだん分厚くなってくると書きにくくて後半戦はメモ書きばっかりのちょっと貧相な感じに(笑)

途中でほっぽるところがあった私にしては良くやったものですが、うーんとちょっと考えていた。


そう、上で述べてますが、貼り付けるものが多いと分厚くなった時書きづらくなるのです。


が、モレスキンの良いところは、ハードカバーのものがある。もしも、持ち歩く時はこのカバーの硬さが書きやすくもあるわけです、、、


でも、ノートって重いよね。旅に持ち歩くとなるとちょっと考えちゃうわけです。


そして、ついこの間ありゃ!このセット安くない?と、買ったものが。

こちら!!

じゃじゃん!!

ワォ!!

箱を開けたらこんなに入ってる!!
10点セットだから当然といえば当然なんですが(笑)

結構しっかりしているけど、本家でトラベラーズファクトリーのトラベラーズノートがあるのをご存知な方多いと思いますが、

トラベラーズファクトリー 公式オンラインショップ TRAVELER'S FACTORY ONLINE SHOP

トラベラーズノートもどきの、
トラベルノートってやつですね。

トラベラーズノートと違うのが、既にノートがセットしてあるところでしょうか....。
トラベラーズノートで最初に???となるのが(簡単ではありますが)ノートのセットの仕方だと思うので、初めて買う方には(ノートの種類にこだわりがない方なら...ランダムにセットされているようです)入りやすいキットかなと思います。


ただ、先に述べた通りで、厚くなればなるほど書きにくいので、本当は2冊で(私は)充分ですね(^_^;)

欲張って何冊もセットしてトラベラーズノートで使ったことありますが、やっぱりやりにくくて途中で挫折したりしたよ。昔は途中で飽きてよく新しい手帳やらノートやら買ったものですわ(笑)

結局そんなに冊数って必要ないんですよね。旅で持ち歩いていたとしても例えば3冊セットして3冊使い分けるかといったら1冊、、、もしくは2冊程度なんですよね。


1冊が丁度良い薄さ、、、厚さと言うべきか。
なので旅の記録には丁度良いかもしれない。
苦になる厚みの前に1冊つかいきれるという利点がね。よいかもなと。

細長いからそれがどうなるかは使ってみて考えよう。まだ旅用にトラベラーズノートは使ったことないんですよ。


トラベラーズノートとの厚さ比較

ノートの冊数分ありますが、一冊入るだけでこれだけ違うので書きやすさの面を考えるとやはり2冊+オプションでチャック付きポケットリフィルをセットするのが妥当な感じです。

トラベラーズノートは、旅用に。
トラベルノートは今後作品作りで取材に行く事が増えてきそうなので取材ノートとして使って行く予定。

モレスキンは、その後のまとめかな〜〜的な。

また使い勝手は後ほど感想をば!!


結局のところ最終的にいつもモレスキンにおちついてるんですけどね(笑)




ではまた!!

【食への貪欲が】鱧料理を食べたくてちょっとした注文つけたら板長とサシだった件【仇となる】

京の夏といえば、(はも)


京都...しかも、夏に行くんだったらせっかくだから
を食べてみたいってもんじゃないですかい!!!


だからと言って、コースであらかじめ決まったものを普通に食べるのは、なんか物足りない。食に関してはとことん贅沢に行こうぜ!これが、わたしのひとり旅での譲れない部分の一つである。



そんなわけで、リサーチにリサーチを重ねて、この店のこの料理が美味そうだ!!よーし、そうと決まれば電話するぞー!!


「鱧料理を頂きたいのですが、コース仕立てで作っていただきたいんです。鱧が2品くらい、出来れば調理方法が違うものでお願いします。京茄子や野菜がたくさん使われたお料理も入れていただけたら嬉しいです。あと食べれないものがありまして...○○と○○は抜いてください、、、予算は5000円〜8000円位でお願いできますか?..........1人なんですが......」


と、やたらとこれあれそれな欲張り注文とかしてしまう。我儘な客だ。申し訳ないよ。



ところがどっこい。なんということが、即答で大丈夫ですよと物腰の柔らかな感じでお店の方がさらりと返答が。

※値段設定のポイントはコース料理の一番安いものから高いものまでにしておけば妥当な配分にしてくれて、かつ店選びは一品料理の数が多い店を選ぶと良いと思います。嫌いなものをいうのは恥ずかしいことではなく残されるよりは全部食べて貰えた方がお店側は嬉しいはず。ちゃんと伝えておくべき。



そんなわけで、8月7日 20時に予約を入れたのです。



今回予約させていただいたお店は、

chisouinaseya.com

馳走 いなせやさんです。
何軒か候補をあげていたんですが、並べてうむむ....と見ていて一番ここだ!!と思ったお店だったのです。



馳走 いなせや



てくてくと、Siriに案内してもらいながら店になんとか到着すると......




あ、なんかちょっと気軽に1人で来ちゃっていいのかな?って店だったかもしれぬこれは所謂...高級割烹ってやつか....あれれわりとリーズナブルな気がしたんだけど(;:´°;Д;°`:;)

という雰囲気を醸し出している。


ふ、服着替えてきてよかった!!!


これはあれだ、


「花子さん、実は、僕の行きつけの店があってね....君に食べさせたいと思ったんだよ.....鱧料理、食べたがっていただろう?」

「まぁっ!太郎さん覚えていてくれたの?嬉しい!!京都に来たなら鱧を食べたいって前から思っていたの」

「さぁ、着いたよ。この店だ、馳走 いなせや、足元に注意するんだよ。花子さん」

「ありがとう。太郎さん。楽しみだわ」



ってやつだろ!!





1人ですけどね!!!



そんなわけで、カラコロカラ....と、ドアを開ける。
私の隣には、太郎さんはいない。わたしは花子でもない。



「いらっしゃいませ。」


和服美人が、お出迎え。


「20時に予約しました、雨李(ここ本名)です」

「雨李様、お待ちしておりました。ご案内します。」



通された場所は、テーブル席では無く、ちょっと仕切られたカウンターだったのだ。



「いらっしゃいませ、雨李様ですね。こちらにどうぞ!」


カウンター越しの調理場で作業をしていた板さんが、自分の眼の前にお座りくださいと促すわけです。



この時、わたしは少なからず、ちょっとゴクリと唾を飲み込んだ。


これは.....もしかしたら、黙って食うってわけにはいかんな......時事ネタが必要か?それとも、食材に関して話すか......うんんん、観光客なわけだし、今日の観光先をあれこれと.....ああ!でもベラベラ話す女ははしたないかしらどうしたらいい!どうする?








40秒で支度し考えな!!!


※豪快に肉を歯で引きちぎる○"ーラさん(50)


お、お、、、オーケー!!わかったよ!!


二階やテーブル席からはわいわいと何かの集まりか食事会があったのか楽しげな声が聞こえてくる。


普段あまり飲み会だなんだと人数の多い席はあまり好きではない私、、、この時ばかりは、、、、仲間に入れてぇぇ、、、と、思ったよね。




意を決して口を開こうとした瞬間である。




あ、、、あn...どちらからいらしたんですか?」」



「・・・・し、静岡です!!!


「静岡ですか!富士山良いですね〜〜京都には観光ですか?」


「はい〜」


古事記でも言っている。女が先に口を出してはいけないと!!!先に言ってわたしが答えるから!!



雑談をしつつ先付が。


  • 先付

京茄子のずんだ餡掛け
白だしが効いてる京茄子の上にずんだ餡がかかっていてその上にいくらが。京茄子がとろっとろで口の中で溶けちゃう感じ。


カウンターと40秒で考えな!!ですっかりグルグルして写真撮れそうな雰囲気じゃないかも!!と、一品目は撮りそびれる(笑)

ずんだ餡がめちゃめちゃ鮮やかな緑でそこにいくらの朱色ですよ....映えないわけがないだろと!!!




  • 4品盛合せ

  • ズッキーニの胡麻和え
  • 近江蒟蒻と里芋(のなんとか←)
  • 南瓜のカステラ
  • タコのとんび


とんびは、タコの口の部分ですね。

へぇぇ!この、近江蒟蒻って赤いんですね。

ああ!それは、酸化鉄で赤くなるんですよ。織田信長が派手好きで赤くさせた〜なんて、言われているんですよ。

織田信長が?

色んな説があるみたいですが(笑)

諸説あります、ですね(笑)写真とっても良いですか?←

もちろんですよ。

(ここから安心して撮り始める(笑))

ズッキーニは、胡瓜が食べれないと伝えていたので、ズッキーニに差し替えしてくださったようでした。ズッキーニは大好きだ!!

タコのとんびもコリコリして美味しかったです!!




  • 炙り鱧

鱧の炙りです。


やったー!食べてみたかったんですよね!!鱧!!

透明のものが煎り酒、こちらが梅肉、続いて醤油です。

煎り酒...初めてですね...

日本酒に梅と出汁を煮詰めたものなんですよ

梅?白梅ですか?


ええ、美味しいですよ。あとこの赤いものは梅干しではなくドライトマトです。


ドライトマト!へぇぇ!煎り酒と合わせた方が良いですか?

合うと思いますよ!




うわ!!美味しい....!!!

トマトの酸味と、煎り酒からほんのりくる梅の香りが相性良すぎてたまりません!!

梅肉は鱧だけで、醤油はわさび乗せて食べるのが一番美味しかった。

鱧、実は食べたことがなかったんですけど味自体は淡白なんだけど食感よくてほんと美味しい!!


  • 京なすと鶏の照り焼き

京なす!先付でも、出してくださりましたが注文通り京なすのお料理も作ってくださりました。実はいなせやさん、鶏のお店なんですよね(笑)実は...。

ランチタイムの親子丼がリーズナブルで観光客に人気があるらしいです。

甘辛いタレになすと鶏がまた合いまして絶品でした。これだけでご飯何杯でもいけちゃいそう(笑)

  • 夏野菜の冷製小鉢

ここで、ちょっと団体さんがご来店。
若い板さんが冷静小鉢を出してくれまして板長さんが、少しだけ失礼しますと離れ、本来自分が想像していた1人飯となる(笑)

黙々と野菜を食す。
オクラ、冬瓜、ズッキーニ、サツマイモ、プチトマト...あと、ベビーコーン。

最近、行く先々でベビーコーンが出てくるのだけど料理界で今ブームなのか?ブームなのか?と、不思議に思っていたりするんだけども、炒め物に入っていたり....はたまた天麩羅だったりサラダだったり....必ずしも入れる食材では無いよね?ベビーコーン。

しかし!!めっちゃ行く店行く店よく出会うのだけど、ハテ?


白だしに、プチトマトってめちゃめちゃ美味しいという事を知る。今度作ろう!(ベビーコーンを添えて(笑))

アスパラも合うかもしれないな〜〜。



などと思いながらチンタラ食べていたら
再び板長が戻ってきて調理再開である。




  • 天麩羅盛合せ

鱧と...茗荷、ししとう、ねぎの天麩羅です。


鱧再び!!今度は揚げで出てきました!!

サクッと、鱧を食べた時、鱧にあるものが挟まっていた。

ん!これは...!


夏松茸をはさんであります


やはり!!

旬より少し早いためフワッと香る程度なんですが、これがまた主張しすぎず美味しいんです。


炙りはコリコリしてましたが、揚げると鱧はホクホクになる。堪らぬ。


ここで、板長に鱧の旬について聞く。
本当に脂が乗るのは秋なんだそうだ。

旬は2回あって1度目は6〜7月
梅雨の水を飲んで旨味が増してくる。祇園の頃がちょうど美味しい頃。

産卵で痩せるから食欲旺盛になってくるので、また太って再び脂が乗るのが秋。



あれ....?8月って産卵...?





深く考えるのはやめよう。
さんまも脂が乗りすぎるとクドくて胃もたれするタチだし、いいの!私には丁度いいの!現に美味しいんだから良いんだ!!!


2週間ほどくるのが遅かったかも知れませーん!!アハッ♡

  • ぐれの出汁茶漬け

そろそろ終盤です!ご飯物がやって来ました。
グレの出汁茶漬け。

こーれーはー!!絶対美味しいやつ!!!!
粕漬けに出汁が混ざってヤバイ!もうすんごい美味しい、、、、、!!!


ちょっと、彦摩呂になりかけた、、、宝石箱や〜!とか言いそうになったヤバイ


ちょっと見て!アラレとかもちょこっと散らされているのよ。目頭が思わず熱くなる旨さや....こんなの初めて〜!!!(ごめんうざいね)



  • 鱧の落とし

これ、良かったら食べてみてください。鱧をせっかく食べに来てくださったんでね。食べ比べしてみてください。

ややっ!!?

あっっ!!!落とし!!?良いんですか!!


.....全然違う。ナンテコッタ面白い!!!
全然食感が違う!!!舌触りがすごい滑らかなんだよね。

梅肉でいただいたんですけども、めちゃめちゃさっぱりしていた。

コリコリ→炙り
ホクホク→揚げ
なめらか→落とし

同じ食材でこうも味が違うのか。面白かったです。
板長ありがとう!!めちゃめちゃありがとう!!

  • スイートコーンのプリン

デザートはなんと....とうもろこしのプリンですよ。
とりあえずまたウザいですけども、最後の最後で、ウザいですけども


_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
>  私史上最強に美味いスイーツに出会う <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄


なんていうんだろう、食べたことが無い味でしたよ。
うわー!コーンがこんなスイーツになっちゃうのか!!イチジクとも相性よくって甘過ぎなくてでもとうもろこしの甘さがめっちゃ甘くてなんでいや良いんだ!!!

砂糖とかそういう甘さじゃないんだよ果糖と言うのか?そういう甘さ!!あーこれまた食べたいですわ....;;;;;;(また行かせていただく機会があったら絶対これ入れてくださいって言っちゃいそうな予感。夏に行こう絶対夏に!!とうもろこしの季節に!!!)


と、そんなわけで、めっちゃ充実した1時間半時間かけて食べたわけですが......



ご馳走様でした...もう、本当美味しかったです

良かったです。ありがとうございます


お会計おねがいします


スッ、、、、と立とうとしたその時である。


あ、座っていていただいて大丈夫ですよ




あ..........これアレだ.......ぐるナイのゴチバトルみたいな支払い方する店だった....




あ"あ"あ"あ"!!!!!!!!!!!!!!

馳走いなせや詳細&アクセス

〒604-8103
京都市中京区三条柳馬場上ル油屋町93
TEL・FAX:075-255-7250
11:30〜14:30(LO 14:00)
17:00〜23:00(LO 22:30)
不定休
Web: http://chisouinaseya.com

©︎Google マップ


めちゃめちゃ美味しかったです!
ご馳走様でした!





ではまた!