No photo No Life!

行ってみたり、作ってみたり、買ってみたりあれこれ。

【京都ひとり旅】六角堂(頂法寺)


-スポンサーサイト-

2日目の旅その①(2016年2月18日)

朝一番にホテルから近い場所にあったので、最初に立ち寄ったお寺。

六角堂(頂法寺)

実は、JR東海ツアーズでフリープランをお願いすると、新幹線やクーポン券(いろいろ使える)以外にちょっとした簡易的なガイドブック(ただし、かなり使える)を送ってきてくれるんですが、ホテルの近くにこのお寺を発見したので下調べがなかったものだからもっとちゃんと調べてればよかったなぁと....

聖徳太子が建てたのが始まりなんですが、現在のご本堂は明治10年に建てられたものなんだそう。

ただ、これに関しては諸説あるらしいですが、伝承では聖徳太子創建との事。


頂法寺というのが、正式な寺号ですが、本堂が平面六角形なので、六角堂と呼ばれているんだとか。

華道、池坊(いけばな)発祥の地なんだそうです。


目を引くのがご本堂の前にあるのだけども...

六角柳と呼ばれているみたいなんですが、なんでも恋愛のパワースポットなんだって。

女子は行くと良いと思うよ!2本の柳の枝におみくじを結びつけてお願い事をすると良縁に恵まれると言われているそうな!!

そろそろ私ものんびりしてらんない年になったよなぁぁぁってなもんで、結んどけば良かったかしらとか思ったとか思わなかったとか...←


こんなところにも結ばれてる。

柳の葉っぱが多い茂る時はどんな感じに見えるんだろう。

そんなに大きなお寺ではないのだけど沢山の逸話や歴史や不思議な話があるお寺さんです。


www.ikenobo.jp
参考:六角堂ホームページ


あと、へぇぇ!そうなんだ!!!

って思ったのが、京都のちょうどど真ん中に位置するんだって。京都のおへそなんだね。

で、六角堂に、"へそ石"という変わった石があるんです。その石がある位置がまさに、京都の中心との事。


実は、写真に撮ったんですよ。
確かに撮った....が、このへそ石だけが、見当たらないんです。

信じるか信じないかは、あなた次第です。みたいな。いやいやいや、撮ったんですよね...うーん......


ちなみに、六角堂には白鳥がいるのです。
こっち来ないかなぁって待ってたけど来てくれなかった(笑)


六角堂の御朱印。


六角堂アクセス
京都市営地下鉄:烏丸御池駅5番出口から徒歩3分